ホーム > 取り扱い方法一覧 > 木曽さわらの湯桶・片手桶について

木曽さわらの湯桶・片手桶について

当サイトの木曽さわらを使用した湯桶と片手桶は、内部をカンナで仕上げているのでそうでないものに比べて特に水に強くなっています。

カンナ仕上げとは表面を仕上げる方法で、サンドペーパー・プレーナ・カンナとあり、カンナがもっとも優れた仕上げ方です。

サンドペーパー仕上げの場合は木目の詰まったもの、年輪間が1ミリ前後以下のものをお勧めいたします。

ご不明な点や数量のご相談など、気軽にお問い合わせください。