ホーム > 取り扱い方法一覧 > レンジおひつの特徴

レンジおひつの特徴

樹を加工して出来た木製品であっても、気候の変化により膨らんだり縮んだりしています。木製品には、食器乾燥機や電子レンジは水分を蒸発させてしまうところがあり、特に要注意です。

しかし、最近ではお箸を含め食器乾燥機に入れたり、電子レンジに入れたりする木製品が増えてきました。当サイトの「レンジおひつ」は食器乾燥機には使用できませんが、電子レンジにご使用いただいても出来るだけ長持ちするよう樹齢の多い木曽さわら(200年前後)を使用しました。

また、胴に巻かれている「たが」もプラスチィックでは劣化で修理できなくなるため、竹で作りました。然しながら、木製のおひつは出来るだけ電子レンジにはご使用されない方が良いと思います。

でも、どうしても使ってみたい、とお考えの方のためにこのサイズのみ作らせていただきました。
毎日のご使用の時は、出来れば同じものを2個所有し交代でお使いいただくことをお勧めいたします。

ご不明な点や数量のご相談など、気軽にお問い合わせください。